インドネシアで行われている「アジア大会2018」では、日本選手の活躍で盛り上がりを見せていますが、今大会から新しい競技が行われています。

この数回で競技数がどんどん増えてきていたのですが、なんと「eスポーツ」が、参考競技ながら行われており、大きな盛り上がりを見せているとか。

もちろん、ビデオゲームの戦いです。

これもスポーツ?

もちろん、立派なスポーツとして、次のアジア大会ではメダルのかかった正式種目への格上げが検討されています。

国を代表して、選手がゲームの技を競い、その様子が大画面に映し出され、観客はそれを見て声援を送るというもの。

今、世界では、ビデオゲームの大会が開催されており、人気を博しているようですが、今後、オリンピックにも採用されるかもしれませんね。

ビデオゲームと言えば、もちろん、大いにテクノロジーの世界です。

ますますリアル感を出す登場人物の動きや背景、そして対戦の様子を映像と音響のテクノロジーで効果的に演出する・・・。

ビデオゲームの世界は、発展の余地が大きいと言えますね。

いよいよ、「SpoTechの活用・開発実態とニュービジネスの可能性」が、弊社より来月発刊されます。

スポーツ産業は、今後どのような広がりを見せるのか?

大いに注目していきたいと思います。

【関連記事】

「進化した技術のおかげ?」

「スポーツはより身近になり、市場規模は拡大へ!」⇨


⇦「今年の夏はスポーツで盛り上がる!」


お電話でのお問い合わせ(受付時間 10:00〜17:00)

東京本部
03-3526-0121
大阪本部
06-4792-2351