甲子園で行われる高校野球の試合に出場したある高校は、人工知能(AI)を搭載したピッチング・マシーンを使い、これまでにない練習をしたそうです。

このマシーンは、これまでと違って人工知能が配球パターンを学習できるもの。

つまり、対戦相手のピッチャーの配給データを入力し、その通り投げさせることができるのです。

さて、このマシーンで練習した成果はどうだったのでしょうか?

試合では、相手チームはマシーンで練習していなかったピッチャーを先発に起用しました。

うまく打てず、なかなか点が入りません。

相手チームは得点を重ね、満を持して試合後半にエースピッチャーを出してきました。

するとどうでしょう?

エースピッチャーの投球は、マシーンで練習していただけにヒットが出始めました。

結局、土壇場でヒットを集中させ、逆転勝ち!

やはりこれは、人工知能(AI)搭載型のピッチング・マシーンで練習した成果でしょうね。

技術の進歩は目覚ましく、こうしたスポーツの世界にも応用技術が広がっています。

そして、そこに新たなニーズが生まれ、新しいビジネスとして成長していきます。

弊社発刊予定のマーケティング・レポート「SpoTechの活用・開発実態とニュービジネスの可能性」では、こうした事例を盛り込みながら、今後の市場動向を大胆に予測します。

この機会にぜひご検討ください。

 
「スポーツハブKANSAI」⇨

⇦「スポーツが面白い時代に!」


お電話でのお問い合わせ(受付時間 10:00〜17:00)

東京本部
03-3526-0121
大阪本部
06-4792-2351