今やインターネットを通じて物を買うのが当たり前になってきています。

それほどまでに、売り上げを伸ばしているeコマースですが、果たして彼らはどこの実店舗の売上げを奪ったのでしょうか?

それとも、新たに需要を創造したのでしょうか?

これはどのように調べれば、わかるのでしょうか?

まず、調査対象者に、eコマースで購入した商品をあげてもらい、その商品の購入先を回答してもらいます。

次に、それぞれの商品をeコマースで買う前は、どこから買っていたのか、あるいはどこからも買っていなかったのかを回答してもらいます。

eコマースになってからの購入頻度や、購入量の変化も知りたいところですね。

また、これだけは実店舗で買っているというものがあるのか?

それはなぜか、将来、eコマースがどのようになれば、そちらに移行するのか?

まだまだ調べたいことがありますが、これらの結果を分析するだけでも、eコマースがどこの実店舗から売り上げを奪って、成長したかがわかります。

この結果は早く知りたくないですか?

仮に、あなたがある企業の営業企画担当者であったなら、流通構造がどのように変化しているのか、自社の販売戦略はその変化に対応して立てられているのかなど、大いに気なるところでしょうね。

このように、クライアントさんが「早く結果が知りたい!」と、叫ぶようなリサーチ企画を立てられたら、大成功だと言えます。

「頼むから、早く結果を教えてくれ~」

如何にこの叫び声をクライアントさんに上げさせることができるか!

ここが企画マンの腕の見せ所ですね。(笑)


「冬の青空に桜の花!」⇨

⇦「あけましておめでとうございます。」


お電話でのお問い合わせ(受付時間 10:00〜17:00)

東京本部
03-3526-0121
大阪本部
06-4792-2351