住宅のリフォームを行う施主は、狭い浴室や使いにくい台所、寒い洗面所などが新しく、快適になったシーンを夢見て、心ワクワク、期待に胸を膨らませます。

テレビのリフォーム番組では、たいてい最後はリフォームしてきれいになった部屋を見て、お客さんが感動するのが目玉シーンですよね。

実際に自宅をリフォームすると、本当に見違えるようにきれいになり、やってよかったと施主の満足度は最高に高くなります。

同時に、施主の夢をかなえ、大いに喜んでもらえるリフォーム会社もハッピー、ハッピーという訳です。

このように、リフォーム会社の仕事は、お客さんの夢をかなえ、大きな感動を与え、大いに喜んでもらえる、とても素晴らしい、やり甲斐のある仕事だと言えます。

ところが、実際の現場においては、往々にして、リフォームのお客さん、リフォームを請け負った会社さんともに、ハッピーとはならない、という事態に陥ります。

この大きな原因として、両者の間に発生する様々なギャップがあげられます。

この度、こうしたギャップの実態を知るために、リフォーム施主を対象とした新しい手法による調査を実施しました。

目下、分析中です!

発表まで、もうしばらくお待ちください。

みんながハッピーになるリフォームのために!

 
「建築材料・住宅設備総合展2018(KENTEN)」⇨
 
⇦「自分の強みを発揮する」


お電話でのお問い合わせ(受付時間 10:00〜17:00)

東京本部
03-3526-0121
大阪本部
06-4792-2351