早朝ウォーキング

早朝ウォーキングで河原まで行き、そこで体操、軽い筋トレ、数本のダッシュなどを行っています。

そこで毎朝見かけるのが、一人の初老の男性です。

その方は、麦わら帽子をかぶり、首にタオルをかけ、時々首筋の汗をぬぐいつつ、ゴミ袋を片手に黙々と煙草の吸殻や空き缶・ペットボトルなどを拾っています。

早朝とはいえ、朝日が昇りはじめると、その光は質量を増すがごとく彼に襲いかかります。

一連のトレーニングを終えた私は、木陰で水を飲みながら、目を細めてまぶしく眺めています。

最近、このあたりへの人出がとみに増えました。

昨年と比べると、十倍以上の人出ではないかと思われます。

以前から、都会にあってこれほど自然豊かな場所はないのに、あまり利用されていないのがもったいないなあと思っていました。

それが、最近急激に人出が増えて、それに伴ってゴミも増えたのでしょうか。

ゴミを出す人と、それを拾ってきれいにする人。

消費社会の縮図を見るようで、考えさせられます。

それにしても、野に咲く花は可憐できれいです。

この自然だけは、なんとしても守り抜かねばと思います。

傍観している場合ではありませんね。

 
⇦「ラバー・ダックがやってきた!」


お電話でのお問い合わせ(受付時間 10:00〜17:00)

東京本部
03-3526-0121
大阪本部
06-4792-2351